China Financial Research
View of point
インフレではなく!さらに中国クレイジー信用収縮につながる可能性があります

ウォールストリートジャーナル2009年7月8日午前13時47分45秒

2007年1月、今年5月に、中国の新規融資は非常に強力なので、5.8兆元日の天文数字のような量は、最近の株式や不動産市場に達したとの結合については、インフレ懸念の高まりを再度监管层。金融政策を微調整の兆しが見える、中央銀行は流動性の回復を高速化する操作を購入するだけでなく、改善されているレポレートの2倍です。中国銀行業監督管理委員会はまた、急速な成長の信用リスク警告
クレジット残高を起動すると、商業銀行貸出のリスクを必要とするシンジケート普及を促進する。

表面は、中国の急速な信用の拡大、インフレに応じて金銭を超している現象だが、現在はインフレ圧力が、狂気は、信用収縮の結果ではなく、インフレの可能性があります。

一方で、資金調達の楽器にも、アイドリングや融資に焦点を当てるの終わりには、商業銀行の融資偉大な水分データは四半期の終わりを意味する。国務院発展研究センター副今年の上半期のマクロ経済Jianing魏相見積もりによると、株式市場は、紙の"アイドリング"市場への資金の流入の30 %に信用基金の約20 % 。これは、金融システムの資金の約半分は信用していると自己サイクルは、実体経済にされていないようです。

実体経済への資金は、いない場合は、それらは、資産バブルにつながるが、インフレは、資産バブルと同じ投資と消費需要をしていないことはありません。インフレ率は、ほとんどの消費財の価格が上昇し、それはインフレの一般的な意味ではないだろうが、お金でも、資本市場の継続を吸収することを意味していたものでした。

もちろん、資本市場の資産効果のために、資産価格が消費の増加につながる、価格圧力、一定量のはずだ。しかし、中国は、数多くの実証分析詳細は、両方の株式市場や不動産投資市場をもたらすための重要な資産効果は、代替効果は、消費者支出を圧迫し、さらに促進されませんそのため、インフレにつながるわけではないと思います。

強気のときに株式市場は、銀行の通常の"移動"が株式市場からは、家計の貯蓄預金、さらに大きい値を現在の消費所得資産を延期すると述べた。特に、不動産市場、住宅価格が消費を削減し、消費を拡大することはありません。豊富なため、不動産価格は全体的に裕福な人々の消費の成長への貢献に集中したのは、限られた少数の手になることができます。人の低所得層の購入計画の貯蓄を増やすには、ビューには、住宅を購入するには、将来的には、現在の消費を削減します。

株式市場と不動産市場の暑い必ずしもインフレにつながるしない場合は、別の理由は、資本市場への銀行からの資金の移転、銀行の能力は、インフレ期待を軽減するための資金供給を安定させることができるクレジットを作成するには低減されています。

その一方で、実体経済には新規融資の約半分が、インフラへの投資でこれらの資金の集中だけでなく、ほとんどの鉄、鉄鋼、石炭、とそうでないの上部に達すると、非鉄金属産業、外部と内部末端消費者の需要を抑えたこの過剰な生産能力の将来のため、さらにデフレ圧力につながる可能性となった。

産業、今年の固定資産への投資からの出発の付加価値は、中国は今"の段階の"デ-在庫が表示されます。投資の成長の30 %以上の成長、企業の在庫消化の上流に大規模な範囲でのみ、投資付加価値の産業は約8 %をもたらしています。視覚障害者の場合、生産の拡大、過剰生産能力の圧力を増加するのは、将来的には、ほとんどが" "状況は、これは、鉄鋼業界では、インベントリに反映されている二次的と考えられます。

もちろん、過剰生産能力が相対的でダイナミックな概念ですが、外部の需要の観点から、今年は、 2007年1月5月に、輸出は前年同期28 %減少したことを示している外部の需要が弱い。輸出需要の減少に加えて、直接的な影響を与えるだけでなく、間接効果の総投資と消費需要のチャンネルを通じて、過剰な生産能力の圧力を強めている。外部の需要がある場合には輸出は増加している中国の経済の指標は、インフレ圧力を懸念する必要はありませんすることがあります。

一言で言えば、中国の顔をしている外部の需要の減少は景気低迷の圧力によって、インフレに金をもたらした伝導パスへスムーズな成長がかかっているから、その混乱と信用制約によって、高成長と通貨供給されない。単なる政府の発足は、需要、投資需要は、政府としては、リードし、市場が唯一の持続可能性の欠如の財政負担の増加は、実際の開始のための投資と消費需要をベースに、起動することができますし、インフレの問題について考える。

そのため、流動性を強化するためには、通貨の流れに注意を払うように注意されていませんかどうかを地元の資金のための真の必要性の流れ。株式市場のバブルと、不動産市場の傾向は、中央銀行と中国銀行業監督管理委員会は、銀行にはしないように、融資金の流れの監視を強化することに関与した。時間をかけてインフレ期待がもたらす通貨市場は、資産価格が現在よりも多くの言い訳をしている。

(キュイこの記事は、 "ウォールストリートジャーナル"のコラムニスト、中国のネットワークの著者です。彼の個人的な見解のテキストでは説明した。 )

不是通胀!中国疯狂的信贷更可能导致通缩

华尔街日报 2009-07-08 13:47:45

今年1-5月,中国新增贷款达到了5.8万亿的天量,再加上最近股市和房地产市场的异常火爆,让监管层对通胀卷土重来担忧日益加剧。货币政策似乎也有微调的迹象,央行不仅加快了旨在回收流动性的正回购操作,而且还两度提高正回购利率。银监会也警示信贷高速增长的风险,
要求商业银行均衡投放信贷,推进银团贷款分散风险。

  表面上看,中国的信贷扩张十分惊人,按照通货膨胀是一种货币现象的说法,目前的确存在通货膨胀的压力,但是疯狂的信贷更可能导致通货紧缩,而不是通货膨胀。

  一方面,通过票据融资的空转以及月末和季末集中放贷等手段,商业银行的新增贷款数据水分很大。据国务院发展研究中心宏观经济部副部长魏加宁的测算,上半年,有20%左右的信贷资金流入股市,30%左右的资金流入了票据“空转”市场。这样看来,就有大约一半左右的信贷资金在金融系统内自我循环而并没有进入实体经济。

  资金如果没有进入实体经济,就不会产生投资和消费需求,只会带来资产泡沫,但资产泡沫并不等同于通货膨胀。通货膨胀指的是大多数消费品价格的持续上涨,如果过多的货币被资本市场吸纳,就不会发生一般意义上的通货膨胀。

  当然,由于资本市场的财富效应,资产价格的上涨会导致消费的增加,也会对物价上涨产生一定的压力。但对于中国来说,许多实证分析都表明,无论是对股市还是房地产市场的投资都不会带来明显的财富效应,更多的是替代效应,即只会挤压消费而不会促进消费,所以就不会引发通货膨胀。

  当股市行情看涨时,居民储蓄存款通常都会从银行“搬”到股市,甚至会推迟当期消费以获得更大的资产增值收益。房地产市场更是如此,房价上涨只会减少消费,而不会扩大消费。因为房地产价格的上涨只能使财富向少数富人手中集中,对整体消费增长贡献有限。而那些有购房计划的低收入群体会减少当期消费增加储蓄,以期在未来购买高价的住房。

  股市和房地产市场的火爆并不必然导致通货膨胀的另一个原因是,资金从银行转移到资本市场,降低了银行的信用创造能力,从而可以稳定货币供应量,降低通胀预期。

  另一方面,虽然有一半左右的新增贷款进入了实体经济,但这些资金大部分集中在基础设施投资以及钢铁、煤炭和有色金属等上游产业上,而外部和内部的终端消费需求未见起色,这造成了未来产能过剩的压力,从而更可能导致通货紧缩。

  今年工业增加值和固定资产投资的背离,就表明现在中国处在一个“去库存化”的阶段。30%多的投资增长只带来了8%左右的工业增加值增长,说明投资很大程度上只是在消化上游企业的库存。如果再盲目扩大生产,未来产能过剩的压力会进一步增大,很有可能出现“二次去库存化”的局面,这一点已经在钢铁行业上体现。

  当然,产能过剩是一个相对的和动态的概念,但从外需的角度来看,今年1-5月,出口同比下降了28%,显示外需仍然疲弱。出口的下滑除了对总需求产生直接影响,还会通过投资和消费的渠道对总需求产生间接影响,从而加大产能过剩的压力。出口是中国经济的一个风向标,如果外需没有上升,就没有必要担心通货膨胀的压力。

  总之,中国目前要面对的是外需下降带来的经济停滞压力,要看从货币增长到通货膨胀的传导路径是否通畅,而不要被高速的信贷增长和货币供应量所迷惑和掣肘。现在只是启动了政府主导的投资需求,而这种需求会随着政府财政压力的增大缺乏可持续性,只有待市场型的投资和消费需求真正启动后,才可以开始考虑通货膨胀的问题。

  因此,现在要做的不是贸然收紧流动性,而是要关注货币的流向,是否流向了真正需要资金的地方。对于股市和房地产市场的泡沫化倾向,只需央行和银监会加强贷款流向的监控,保证银行资金不要过度卷入。至于市场认为的货币过多会带来通胀预期,那不过目前是炒作资产价格的一个借口罢了。

  (本文作者崔宇是《华尔街日报》中文网专栏撰稿人。文中所述仅代表他个人观点。)

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License