Recent Forum Posts
From categories:
Reading Digest Web進化論
fyangfyang 09 Dec 2009 12:20
in discussion Blog / fy » Reading Digest

梅田 望夫氏が「Web進化論」(筑摩書房発行)で「こちら側」と「あちら側」のコンセプトを発表して以来、インターネットのWeb2.0~にめぐって激しい議論が行われた。ちゃんとこの本を読みたいね。

Reading Digest Web進化論 by fyangfyang, 09 Dec 2009 12:20
Idea 情報入力の新次元
fyangfyang 09 Dec 2009 12:16
in discussion Blog / fy » Idea

機械と人間の実世界はかなり壁が高い。しかし、最近アップル・任天堂の出現はこの壁を打ち破り始めた。

人間は従来怠け者である。自分自身の都合良いものしかみない。
よって、如何に人間に自然のままの状態にして、大きいなパワー・変化を手に入れるのは課題である。
コンピュータが生まれて最初の数十年の間、高い計算ツールとして使われてきた。
しかし、最近の10年間、コンピュータの計算能力は過剰になり、コンピュータは如何に人間に合わせられるかは機器メーカーの勝負になる。

アップルのiPhoneはこのような革命的な発想の実物である。
iPhoneはスペック的に全然革新とは言えない。PDA、携帯、デジタルカメラ、通信装置… すべての機能ははるか前に出来上がった成熟な技術である。しかし、どれも今のiPhoneほど人間に優しくない。

友人の2歳の子供は言葉をはっきり覚える前にiPhoneで動画、写真を見たりしている。

これから、如何に普通の人間の生活のように、ハイテクサービスを提供できるのは、ビジネスの鍵になるかもしれない。

Idea 情報入力の新次元 by fyangfyang, 09 Dec 2009 12:16

ゲノム解析系統樹で生物種類の起源がわかる
このような種類があるらしい
古細菌ー哺乳類ー人、細菌、メタン細菌、菌類、植物

Reading Digest
fyangfyang 04 Jun 2009 14:20
in discussion Blog / fy » Reading Digest

このスレッドで収集した色々な情報をストックしたいと思う。

Reading Digest by fyangfyang, 04 Jun 2009 14:20
Idea スタグフレーションの本質
fyangfyang 01 Jun 2009 13:10
in discussion Blog / fy » Idea

経済はリソースの配分だとすれば、
デフレは生産不調
その典型的な原因は需要<供給→生産調整・経済規模減少となる
しかしそれは唯一の原因であれば、ケインズのいうとおり、デフレとインフレは同時に起こらなくなる。
しかし、明らかにいろいろな制約条件は生産を規制している。
典型なのはエネルギー。つまり、オイルショックの時期、明らかに需要>供給なのに、生産は不調、物足りないので物価上昇。つまりインフレとデフレ同時に起こってStagnation, Inflationは同時におこりStagflationがおこった。
ケインズのような素晴らしい方はこのような単純な問題を見逃したのが、経済に集中しすぎるんだろうか。。。

Idea 経営
fyangfyang 01 Jun 2009 12:06
in discussion Blog / fy » Idea

価値の創造
生き物の成長・存続

Idea 経営 by fyangfyang, 01 Jun 2009 12:06
Idea マーケティングの意味
fyangfyang 01 Jun 2009 12:02
in discussion Blog / fy » Idea

売らないこと=自然に売れる仕組み

Idea 経済学の意味
fyangfyang 01 Jun 2009 12:00
in discussion Blog / fy » Idea

リソース配分の科学

Idea 経済学の意味 by fyangfyang, 01 Jun 2009 12:00
Idea and news
fyangfyang 01 Jun 2009 11:59
in discussion Blog / fy » Idea

This thread is about my academic ideas and interesting news/thinking.

Idea and news by fyangfyang, 01 Jun 2009 11:59
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License