Horizontal Division
水平的分業
  • 同程度の発展段階にある国の間で行われる国際分業。異なる商品を生産しあい、貿易を通じて相互に交換する形の分業。

垂直的分業(Vertical Division)を参考

垂直的分業/水平的分業〔貿易用語〕

主として先進工業国の工業製品と発展途上国の原材料品の交換という形の国際分業を垂直的分業という。一方、先進工業国が相互に行う経済交流、国際分業を水平的分業という。

国際分業

(こくさいぶんぎょう)
⇒関連項目
外国との間で,それぞれ割安に生産できるものの生産を増やして輸出し,他方割高のものの生産を減らして不足分を輸入すれば,自国も外国もともにアウタルキー Autarkie(自給自足経済)の場合より消費量が増える。日本はたいへん不足している原燃料を輸入し,国内の熟練労働,機械設備,高水準の技術で加工して輸出するという形態の国際分業を活用して経済発展してきた。国際分業はいわば国是といってもよい。しかし国内で輸入品と競合する生産を行っている生産者にとっては,他の有利な産業に移れないかぎり,簡単に国際分業に賛成できない。日本で国際価格の3倍も割高な食料農業生産者や,発展途上国からの安価な輸入品との競争に直面している単純労働集約的商品(雑貨や下級繊維品等)の生産者に国際分業論がなかなか受け入れられないのは,他産業への転換が容易ではないからである。しかし,輸入制限や輸出国に自主規制を要求して,これらの産業を保護し存続させても,ますます非効率的になる傾向が強い。積極的に他産業への転換を促して輸入を増やすといった積極的産業調整政策が,国際分業促進にとってますます必要になってきている。日本の工業力,とくに技術・知識集約的生産での国際競争力が強まるにつれて,国際分業の形態も変わらざるをえなくなってきた。従来のように原燃料だけ輸入し,工業品を全部国内で自給し輸出するといった垂直的分業だけでは,大幅な貿易収支黒字がますます拡大し,欧米諸国や新興工業国との貿易摩擦が強まるようになってきた。今後は単純工業品だけでなく,消費財,部品,中間財まで多様な工業品を輸出するとともに輸入もする,水平的分業を促進する必要がある。また国際分業も商品貿易だけでなく,サービス貿易や直接投資,技術移転も含めて,多様な形態で進められるようになった。 

「垂直統合型」と「水平分業型」、どっちが得?
開発形態別メリットとデメリット

多くの皆さんが半導体を開発するにあたり、技術的な事柄は勿論の事、色々な面で頭を悩ませていると思います。例えば、開発費はいくら?TATはどの位?信頼性の保証は?量産時の保証は?etc・・・?

現在、半導体を開発する形態としては、大きく分けて「垂直統合型」と「水平分業型」の2つが考えられます。
「垂直統合型」とは、大手半導体メーカーに代表されるような、仕様化~量産まで一括して受託するような開発形態を指し、「水平分業型」とは、それぞれの開発ステージにおいて、様々な企業が協業し、半導体の開発を行う形態を指します。一昔前までは、半導体開発と言うと「垂直統合型」が主流でしたが、現在に至っては、各分野における専門企業が特色を出す事により、「水平分業型」がかなりの数を占めるようになりました。

「垂直統合型」の"安心感"

ここで「垂直統合型」と「水平分業型」のメリットとデメリットを考えてみましょう。「垂直統合型」のメリットと言えば、なんと言っても仕様化~量産まで一括して1つの半導体メーカーが開発を行う事による安心感でしょう。信頼性に対する保証やクレーム対応は勿論の事、1社で全開発ステージを行っている事によりトータルにおけるTAT調整も可能です。
開発費にしても、量産時のサンプル単価と相殺する事により抑える事も出来るでしょう。(出来ない場合もありますが・・。)
では、デメリットは? 多くの場合、量産時における数量条件がつきます。
量産を行うかどうか不明な半導体の開発を依頼する事は、かなり難しいと思われます。
また、半導体メーカーによっては、技術的側面や市場性におけるリスクを負う事を極力避ける傾向にあり、上記の様なリスクが伴う半導体の開発に二の足を踏む場合もあります。

「水平分業型」の"自由度"

「水平分業型」のメリットは、自由度につきます。半導体開発を行うにあたり、オンデマンドで希望する開発ステージの企業を選ぶ事が出来ます。現在は、各開発ステージに多くの企業が存在しますので、競合により費用を抑える事も可能でしょう。
また、少量生産や試作までの半導体開発対応に前向きな企業も多いようです。研究開発や開発の1ステップとしての半導体開発に適していると言えるでしょう。
では、デメリットは何でしょう? 「水平分業型」は、各ステージ(一部の場合もありますが・・)にそれぞれの企業が存在し、複数の企業が係わり合いながらトータルとしての半導体開発を行うので、全体を通してのコーディネートの複雑化や不具合発生時やクレーム発生時に責任の所在が不明確になりやすい傾向にあります。
その為、カスタマに対する対応遅れや市場投入時期の喪失などのリスクが考えられます。

どっちが得か迷ったら...

結論から言いますと、「垂直統合型と水平分業型、どっちが得?」との問いに対する回答は「どちらも一長一短有り!その局面や状況に応じた選択が必要!」とでもなるのでしょう。「何を言っているんだ!こんな事は、百も承知!何を今更!」と、多くの方々が御思いでしょう。

でも、もし「垂直統合型開発」と「水平分業型開発」の"美味しいとこ取り"が出来るとしたら?? 迷ったり悩んだりしたら、是非弊社に御一報下さい。
弊社は、「垂直統合型」でも「水平分業型」でも、お客様のニーズに応じて対応致します。

"The total Solution for your Success"
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License