Off Shore Software Outsourceing Research

日本はソフトウェアと関連サービス消費の大国である。特に個別注文はパッケージ製品の導入より、エンドユーザが好むことは特徴である。エンドユーザが業務に似合うソフトウェアを選ぶことで、日本特有の競争力が育てられるのものである。
しかし、ソフトウェア生産コストは海外よりはるかに高いと無視できない。オフショアソフトウェアアウトソーシングは一つ有効な問題解決手段として多くエンドユーザとソフトウェアベンダーに利用されている。
文化、ビジネス習慣、コミュニケーション習慣、常識、品質認識、製品・サービス範囲等々実際技術以外の問題で、オフショアソフトウェアアウトソーシングにおいて、起きたトラブルは多くある。
本研究は日本ソフトウェアと関連ソリューションの開発のビジネス特徴と海外のビジネス特徴を比較し、オフショアのあるべき姿を改めて提案することを目標とする。

日本ソフトウェア契約の形態と注意事項

Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License